B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

コンテンツ

TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 肝炎給付金 B型肝炎給付金の対象者と肝炎訴訟 ウイルスで移るB型肝炎の給付金について

目次

  1. ウイルスで移るB型肝炎の給付金について
  2. 一部の人が受け取れるB型肝炎給付金
  3. B型肝炎給付金のために弁護士を雇いましょう
  4. B型肝炎給付金を受け取るための必要書類
  5. B型肝炎給付金を受け取るために必要な検査
  6. わかりにくいB型肝炎給付金の制度
  7. CMからB型肝炎給付金の受け取りへ
  8. B型肝炎給付金のCMから相談へ
  9. B型肝炎の給付金請求の支給金額を掲載している厚生労働省のホームページ
  10. 厚生労働省のホームページで紹介されるB型肝炎の給付金請求の相談窓口
  11. 追加のB型肝炎訴訟でも大事な時効
  12. B型肝炎訴訟の時効までに余裕を持って手続きを

ウイルスで移るB型肝炎の給付金について

ウイルスが原因で起こるウイルス性肝炎のB型肝炎は、日本国内に多くの患者がいることで知られています。自分が原因の病気ではないので、肝炎訴訟が全国各地で起こっています。

B型肝炎訴訟を積極的に扱っている弁護士事務所もあり、B型肝炎で悩まれているなら、一度弁護士事務所に相談してみたらいかがですか。また、国へ申請すれば給付金の対象になりうる可能性があります。

泣き寝入りせずにまずは行動を起こしましょう。病気を予防するために接種した注射器のせいで移されたのであって、患者本人は全く責任はありません。

B型肝炎給付金を受け取るためにも相談してみましょう。

B型肝炎給付金に関する記事

一部の人が受け取れるB型肝炎給付金

すべてのB型肝炎を経験した人が、B型肝炎給付金を受け取る事ができる分けではありません。

集団予防接種の際に使いまわしの注射針を使用する事が直接の感染源となっている事が証明された場合にのみB型肝炎給付金を受け取る事ができます。

B型肝炎給付金では、その事を証明する必要があるのですが、使いまわしの注射針が集団予防接種で使用されていた時期などにより、可能性を探る事ができる場合もあるでしょう。

また、症状などが深刻であればあるほど多く受け取る事ができるB型肝炎給付金は人によって金額は違います。

B型肝炎給付金を受け取る事ができる人は、次に弁護士に金額について尋ねてみましょう。

B型肝炎給付金のために弁護士を雇いましょう

B型肝炎給付金とは集団予防接種による注射器の使い回しなどでB型肝炎ウイルスに感染してしまった人たちに対して国が支払う損害賠償金のことです。

しかし、国が支払うからといって勝手にお金が舞い込んでくるということはありません。

国に対して訴訟を起こす必要性があるのです。そのために、必要となるのが弁護士です。

自分でB型肝炎訴訟を起こすことも可能ですが、時間と労力がかかりすぎるためおすすめできません。

弁護士を雇うためのお金が心配と思う人もいるでしょうが、国から補助金が出るのでそこまで気にしないで大丈夫です。

また、成功報酬としてだいたい5~10%ほど支払うことになります。B型肝炎給付金といっても全額もらえるわけではないのです。

B型肝炎給付金を受け取るための必要書類

B型肝炎給付金を受け取るためには、国に対してB型肝炎訴訟を起こさなければなりません。

法律事務所を通して行うことができるので、指示に従っていけば特に難しいことはありませんが、昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に受けた集団予防接種によって感染したことを証明する必要があるため、満7歳 の誕生日の前日までの間に集団予防接種等を受けたことを証明する必要書類が必要になります。

具体的にB型肝炎給付金を受け取るために必要になるのは、母子健康手帳 や予防接種台帳(市町村で保管)のいずれかです。

これらがない場合は、その事情を説明した陳述書や接種痕が確認できる旨の医師の意見書、住民票または戸籍の附票などを提出します。

B型肝炎給付金を受け取るために必要な検査

B型肝炎給付金を受け取る方々の中には、定期検診などでB型肝炎が発覚して訴訟に至ったケースもあります。

具体的には血液検査によって感染の有無を調べるのですが、その中でも「HBs抗原」ほか二つの項目が陽性か陰性かどうかを調べる場合、6か月以上の期間を空けて二回検査する必要があります。

一つ留意しておきたいのは、これはあくまでB型肝炎「そのもの」を患っているかどうかを調べるためのものであり、過去の集団予防接種による感染、もしくは母子感染によるものかどうかは断定できない、ということです。

国と和解してB型肝炎給付金を受け取るためには、資料などに基づいた更なる調査が必要になります。

わかりにくいB型肝炎給付金の制度

B型肝炎給付金の内容については非常にわかりにくいことがあげられます。

その証拠にB型肝炎の感染者に対して和解をしている人が少なすぎることが問題視されています。もう少しわかりやすい制度であれば、多くの人が給付金をもらうためにB型肝炎訴訟を起こすことでしょう。

B型肝炎訴訟についてはさまざまな課題や問題がありますが、B型肝炎給付金の期限が平成34年1月12日までとされていますので、それまでにB型肝炎訴訟を起こし、和解することが必要になってくるでしょう。

思い当たる節がある人は一度弁護士に相談してみてもいいでしょう。

CMからB型肝炎給付金の受け取りへ

ただ、テレビなどのCMを見て終わりという人が多いと思いますが、中にはB型肝炎給付金の受け取りへ至ったという人もいます。CMからB型肝炎給付金の受け取りを実現できる人が増えるといいでしょう。

CMによると、まだB型肝炎給付金の受け取りが実現できていない人が多い様です。そのため、CMを見た事で、B型肝炎給付金を受け取る事ができ、幸せに生活する事ができればいいでしょう。

CMからB型肝炎給付金の受け取りを行うには、法律事務所に連絡をして、手続きを行う必要があります。そのため、最終的に費用を受け取るのは、少し先となってしまう事もありますので、手続きは早めに行うといいでしょう。

B型肝炎給付金のCMから相談へ

やはりB型肝炎給付金のCMを見ているだけではなく、解決するためには自分から行動を起こす事も必要になってきます。問題を解決するためには、B型肝炎給付金のCMを見てから、法律事務所を探して相談するという事になります。

B型肝炎給付金のCMを行っている法律事務所に相談するのもいいですが、B型肝炎給付金のCMを行っていない所もあります。B型肝炎給付金のCMを行っていない法律事務所は、インターネットを利用すると調べる事ができます。

法律事務所によっては、対応している地域が異なりますので、相談する際には注意が必要になります。自分にベストな法律事務所が見つかるといいでしょう。

B型肝炎の給付金請求の支給金額を掲載している厚生労働省のホームページ

これまでに厚生労働省のホームページの中で、B型肝炎の給付金請求のページを見た事がありますか。厚生労働省のホームページにおいては、B型肝炎の給付金請求が丁寧に説明されています。

まだ厚生労働省のホームページの中のB型肝炎の給付金請求のページを確認していない人は、早期に行いましょう。

厚生労働省のホームページでは、B型肝炎の給付金請求の支給金額も公開しています。

厚生労働省のホームページを見ると、症状に応じてB型肝炎の給付金請求の際にいくら受け取る事ができるのかという事を確認する事ができます。

しかし、自分だけで判断するのは難しいため、詳しい事は相談先の弁護士に確認しましょう。

厚生労働省のホームページで紹介されるB型肝炎の給付金請求の相談窓口

報が豊富な厚生労働省のホームページですが、B型肝炎の給付金請求のページを訪れる人の中には、自分も該当者で困っているという人もいます。

厚生労働省のホームページではB型肝炎の給付金請求について紹介されているだけではありません。厚生労働省のホームページでは、B型肝炎の給付金請求の相談窓口の連絡先も記載されています。

困っている人は厚生労働省のホームページのB型肝炎の給付金請求の相談窓口を調べて、連絡してみましょう。

電話で相談する事もできますし、各地の弁護団のページにアクセスし連絡先を調べられます。厚生労働省のホームページはB型肝炎の給付金請求の大事な情報が満載です。

追加のB型肝炎訴訟でも大事な時効

人によっては、B型肝炎訴訟を行ったけれど、症状に変化があったという人もいますが、その場合でも時効が大事です。時効を過ぎない様にB型肝炎訴訟を行う必要があります。

変化があれば、B型肝炎訴訟は何度か行う事になります。時効までにまだ時間があれば、落ち着いて対応する事ができます。

B型肝炎訴訟については時効が過ぎる直前でなければ過度に急ぐ必要はないと思われます。しかし、多忙な毎日を送っているとチャンスを逃してしまう事もあります。

そのため、B型肝炎訴訟はなるべく早い段階での対応を行い、時効に気を付ける必要があります。弁護士探しに時間がかかる事もありますので、ゆとりも必要です。

B型肝炎訴訟の時効までに余裕を持って手続きを

どうしても、B型肝炎訴訟の時効が近づくと、駆け込みで手続きを行う人は多くなるという事が想定されます。

そのため、時効のため焦った状態でB型肝炎訴訟を行うのではなく、早く手続きを行う事ができれば、給付金も早く受け取る事ができます。

また、時効に関係なく、B型肝炎訴訟を早く行う事で、手続きをしないといけないと思う必要はありません。

時効までにB型肝炎訴訟をしないといけないのであれば、早く済ませた方が気持ちの面においても楽だと思われます。

B型肝炎訴訟の時効を把握した上で、できるだけ余裕を持って手続きを行う事ができればいいでしょう。母子感染の場合は家族の分も同時に相談できます。

B型肝炎給付金請求のCMは見ない日がありません。まだ、B型給付金請求をしていない方も多くいるため、再度、請求期限を延長しそうです。

また、B型肝炎給付金請求にはいろいろ要件がありますので弁護士選びも必要です。TVでよく見かける弁護士を選ぶのか?それともB型肝炎給付金請求の実績の多い弁護士事務所を選ぶのか?ということになります。大阪、京都、神戸にある弁護士法人みお綜合法律事務所ではB型肝炎給付金請求の相談会を行っているようです。

女性に優しい弁護士事務所のようです。B型肝炎給付金請求の相談はホームページで確認してください。

https://www.bgata-kyufukin.com/

B型肝炎訴訟原告・弁護団との面会ほか

週刊総理ニュース

公開日:2011/07/06

B型肝炎訴訟・最高裁判決勝利3周年集会

B型肝炎訴訟・最高裁判決勝利3周年集会

公開日:2009/05/29

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。

メニュー

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 肝炎給付金 B型肝炎訴訟弁護士 過払い請求 過払い大阪 債務整理 債務整理大阪 引き出物