B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

新着リンク集

マイリンク集

マイリンク集

コンテンツ

TOP 肝炎訴訟 肝炎給付金 B型肝炎給付金 B型肝炎給付金の対象者と肝炎訴訟 B型肝炎給付金を受け取る

目次

  1. B型肝炎給付金を受け取る
  2. B型肝炎給付金は治療のために
  3. B型肝炎給付金対象者の感染ルートについて
  4. B型肝炎給付金に税金はかかるか
  5. B型肝炎給付金での一次感染者
  6. B型肝炎給付金を受給するまでの流れ
  7. 認知が広がるB型肝炎給付金のCM
  8. B型肝炎訴訟について弁護士団に持ち掛けられる質問
  9. 弁護士団が紹介するB型肝炎訴訟の条件
  10. 認知が広がるB型肝炎給付金のCM
  11. 全国B型肝炎訴訟大阪弁護団 医療後援個別相談告知 15秒CM

B型肝炎給付金を受け取る

B型肝炎給付金を受け取る場合には、B型肝炎訴訟を起こす必要があります。

この肝炎訴訟は国を相手にして訴訟をおこなうものになります。

その訴訟で認められ、無事に和解になった場合において、B型肝炎給付金を受け取ることがそこではじめて可能になります。

B型肝炎訴訟を起こすにあたって、さまざまな資料やカルテを集めなければいけませんので、非常に時間のかかる作業であることがあげられます。

しかしながら、B型肝炎訴訟を経験している優秀な弁護士であれば、充分なノウハウを持っていますのでしっかりと対応してくれることでしょう。

B型肝炎給付金に関する記事

B型肝炎給付金は治療のために

既に亡くなっている人の場合は使えませんが、慢性的な肝炎の状態となっており、治療が必要と判断されているならB型肝炎給付金を使います。

もらっていれば、一部の治療費に使えますので、当面はお金に困る状況に陥りません。

受け取れる金額はそこまで多くないものの、治療に使える金銭としてはありがたいものです。重症化している方の場合、相当な金額がB型肝炎給付金として支払われます。

今まで使っている金額に対して、見合わない数字かもしれませんが、金銭面の補助としては使いやすいです。このように受け取った金額は、治療に使うことも多いです。

B型肝炎給付金対象者の感染ルートについて

B型肝炎給付金の主な対象者は、昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの期間に、集団予防接種やツベリクリン検査を受けて感染してしまったことです。

感染ルートとして1次感染者、またその子供である2次感染者、さらに2次感染者の子供の3次感染者です。またこの感染によりすでに亡くなられた遺族にも給付金が支払われます。中には自分が感染していることを知らず、今日に至っている人もいます。

家族の中でB型肝炎ウィルスに感染している人がいる場合や、すでに亡くなっている方がいるのであれば、自覚症状のないキャリアである場合があるため、医療機関や保健所で確認してみる必要があります。

B型肝炎給付金に税金はかかるか

B型肝炎給付金は最高3,600万円もの支給をうけることになりますが、その分税金も高くついてしまうのでしょうか。給付金は非課税ですから、申告する必要もありません。

また相続人が受けとる場合も、損害賠償金や見舞金となるため税金がかかる内容ではありません。給付後症状が悪化し、追加請求する場合も同じことです。

またB型肝炎給付金には時効がついており、症状が悪化した場合の再請求もこの期限をすぎてしまえば、給付はされなくなってしまうものです。

この期限は平成34年1月12日までとなっているので、疑わしい場合は一度検査をうけることをおすすめします。

B型肝炎給付金での一次感染者

B型肝炎給付金での一次感染者に当てはまる人は、対象となる期間に集団接種を受けていて、B型肝炎に感染している人を指します。

対象となる期間については、この予防接種での注射器の使い回している期間のことを指しています。

1941年7月から1988年1月に生まれた人であれば、誰でも可能性があるとされています。

多くの人が感染している可能性がありますので、心当たりがあるようであれば、B型肝炎の訴訟を得意としている弁護士に一度相談してみることでしょう。相談してみてからどうするか、判断してみてもいいかも知れません。

B型肝炎給付金を受給するまでの流れ

B型肝炎給付金をもらうためには、国に訴訟を起こさなければいけません。法律の専門家に依頼しておこなうのが一般的な手段ですが、訴訟までの手続きは、どのような流れになるのかわからないものです。

まず訴訟の準備として、医療記録や検査結果、各種証明書など様々な書類を揃える必要があります。準備が整ったら各種手続きのうえ、裁判所へ出廷して裁判で和解を勝ち取る必要があります。

この裁判は、専門家にとっては難しくない内容ですが、素人が勝つには相当な勉強が必要です。司法書士や行政書士に依頼すれば、必要書類の準備のみ助力を得られます。

弁護士に依頼すれば、準備から裁判まで、全ての面で助力を得ることができます。

認知が広がるB型肝炎給付金のCM

実際には給付金を受け取る事ができるにも関わらず、自分がその対象となっている事に対して気が付いていない人もいます。しかし、B型肝炎給付金のCMを見ることによって、自分も対象となっているかもしれないと気が付く事もあるでしょう。

B型肝炎給付金のCMは、法律事務所の利用を促すために行われています。しかし、B型肝炎給付金のCMは、救済の制度があるという認知を広める事もできるでしょう。

B型肝炎給付金のCMについて、人事だと思っていた人も、自分の事として捉えるきっかけになる事もあるでしょう。B型肝炎給付金のCMは、テレビで行われている事が多いですが、他にもラジオや新聞など、あらゆる媒体で広告が出されています。すでに多くの人が見たり聞いたりしているでしょう。

B型肝炎訴訟について弁護士団に持ち掛けられる質問

時として、B型肝炎訴訟について弁護士団に質問が持ち掛けられる事もあります。弁護士団の公式サイトにおいては、B型肝炎訴訟に関する質問と回答が紹介されている事もあります。

B型肝炎訴訟について弁護士団に聞きたい事があれば、まず法律家による回答コーナーを確認してみるといいでしょう。

そこでB型肝炎訴訟に関する答えを見つける事ができれば、弁護士団に質問する必要はありません。

しかし、B型肝炎訴訟についてある程度知る事ができたとしても、複雑な手続きを必要とするため、ぜひ、弁護士団に相談するといいでしょう。

そうすると、自分の代わりに、給付金の受け取りに必要な手続きを進めてくれます。

弁護士団が紹介するB型肝炎訴訟の条件

給付金を受け取る事ができるかもしれないという時には、すぐに弁護士団にB型肝炎訴訟の事で相談する人もいます。

しかし、すぐにB型肝炎訴訟の事で弁護士団に相談しなくても、B型肝炎訴訟の条件については、弁護士団の公式サイトで紹介されている事もあります。

弁護士団が紹介するB型肝炎訴訟の条件を確認する事で、自分は給付金を受け取る事ができるかどうか大まかに把握できる事もあります。

弁護士団が紹介するB型肝炎訴訟の条件は、分かりやすく便利です。また、具体的な金額を知りたい場合や、または証拠を見つける事ができないという時には、詳細の確認が必要ですので、法律相談を受けましょう。

B型肝炎訴訟で和解 発症20年経過の患者も救済対象

B型肝炎訴訟で和解 発症20年経過の患者も救済対象 テレ朝news

公開日:2015/03/27

全国B型肝炎訴訟大阪弁護団 医療後援個別相談告知 15秒CM

全国B型肝炎訴訟大阪弁護団 医療後援個別相談告知 15秒CM

公開日:2018/02/14

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。

メニュー

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 肝炎給付金 B型肝炎訴訟弁護士 過払い請求 過払い大阪 債務整理 債務整理大阪 引き出物