B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国からB型肝炎給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

新着リンク集

マイリンク集

マイリンク集

新着リンク集7

TOP B型肝炎訴訟と厚生省の見解について

目次

  1. B型肝炎訴訟と厚生省の見解について
  2. 給付金の詳細とB型肝炎訴訟
  3. 注射針で感染した場合のB型肝炎訴訟
  4. 集団予防接種が原因のB型肝炎訴訟とは
  5. B型肝炎訴訟は本人死亡でも可能
  6. B型肝炎訴訟を起こそう
  7. 各地にあるB型肝炎訴訟に対応した全国弁護団

B型肝炎訴訟と厚生省の見解について

国内におけるのB型肝炎の持続感染者は、110万から140万人いると推計されます。

この中には、昭和23年から昭和63年までに集団予防接種を受け、注射器の連続使用が原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した方がいます。

その数は非常に多く、40万人以上とされており、過去の集団予防接種によって、多くの方がB型肝炎に感染した可能性があるのです。

集団予防接種によりにB型肝炎ウイルスに感染した方に対しては、給付金が支給されますので、対象になる方は早めに手続きをすることが大事です。

厚生省のホームページには、B型肝炎訴訟についての詳細なお知らせが掲載されており参考になります。

給付金の詳細とB型肝炎訴訟

給付金を受け取る事ができる条件を調べてみると自分は該当しているという人は、現在の状態によってB型肝炎訴訟で受け取る金額は違ってきます。

B型肝炎訴訟において深刻な肝硬変であったり、もしくは肝臓がんであったりした場合には、給付金は高くなります。

しかし、B型肝炎訴訟においてウィルスに感染しているが、特に症状などは出ていないという場合には、もらえるB型肝炎給付金の金額は低くなります。

この様に同じB型肝炎訴訟であっても、給付金に違いが出てくる事があります。

ですので、他の人がB型肝炎訴訟で受け取った給付金とは金額が異なるという事が発生する可能性も多いに考えられます。

自分のケースについて把握する様に努めましょう。

注射針で感染した場合のB型肝炎訴訟

学校などでの集団予防接種における注射針の使い回しで感染した場合は、学校の在籍証明書のような書類があると、B型肝炎訴訟後の和解がスムーズになります。

国が和解する方針はすでに決まっていて、和解金の額も公表されています。B型肝炎訴訟をするのは、自分が国のおこなった医療を受けたことで感染させられたことを証明し、認めさせるためです。

証明できる書類が出せれば、すぐ和解が成立し、和解金が支払われます。

注射針の使い回しはずいぶん最近まで、どこの医療現場でもおこなわれていたことで、それによる肝炎感染は誰の身にも起こり得たことです。

集団予防接種が原因のB型肝炎訴訟とは

近年、B型肝炎訴訟の話を耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

B型肝炎訴訟とは、国による集団予防接種で、注射器を連続使用したことが原因で、幼少期にB型肝炎ウイルスに感染したという人が、国に損害賠償を求めている訴訟のことを言います。

ただ、B型肝炎訴訟を起こしても、給付金が受け取れるようになるには、手続きをとらないと自動的に給付されませんから、注意が必要です。

現在日本国内では、45万人といわれる数のB型肝炎に感染している人がいます。

そのうち、B型肝炎に感染し訴訟を起こして、実際に和解したのは、提訴者数15456人のうち、7900人ともいわれ、実際に訴訟を起こしても、和解に至る割合は半数ということになります。

B型肝炎訴訟は本人死亡でも可能

集団予防接種や母子感染が原因でB型肝炎に感染した場合、B型肝炎訴訟の手続きを取ることで国からの給付金を受け取ることができます。

もし、対象の感染患者がすでに亡くなっている場合でも、遺族がこの給付金を受け取ることができます。

金額は、B型肝炎が原因で死亡の場合、3600万円(B型肝炎訴訟に係る費用が140万円ほどあります)です。

対象者が亡くなっているので検査を行うことはできませんが、病院に残っている診療情報などの書類を証拠として揃えることで証明することができます。

個人で集めるのは困難ですが、B型肝炎訴訟の専門家である弁護士に相談することで手続きを進めやすくなります。

B型肝炎訴訟を起こそう

B型肝炎に感染していて、原因が学校などの集団予防接種の注射器の使い回しだった場合には、B型肝炎訴訟を起こすことが可能です。

B型肝炎訴訟は国を相手取り訴訟を起こす方法になります。申し立てが受け入れられ和解になった場合には、B型肝炎給付金を受け取ることが可能になるでしょう。

感染者に対して和解人数がまだまだ少ない現状にありますので、B型肝炎に感染していたり心当たりがある人は、弁護士に一度相談してみることをおすすめします。

全国には多くの弁護士事務所があり、その中でB型肝炎の訴訟を得意としている弁護士事務所も数多くありますので、しかりとリサーチをおこなうことをおすすめします。

各地にあるB型肝炎訴訟に対応した全国弁護団

自分で提訴を行うのは手続きが面倒なため、B型肝炎訴訟に対応した全国弁護団に依頼する人が多い様です。B型肝炎訴訟に対応した全国弁護団は各地にあります。

B型肝炎訴訟に対応した全国弁護団に相談したいと考えるなら、自分の自治体の弁護士団を探す必要があります。

B型肝炎訴訟に対応した全国弁護団は、公式サイトがありますので、訪れると必要になりそうな情報をたくさん入手する事ができます。

B型肝炎訴訟に対応した全国弁護団は、相談者に対して多いに力になってくれます。ですので、困った状態にあるという人がいれば、助けを求める様にしましょう。

そして、無事に救済を受ける事が大事と言えます。

TVCM「ゼロ宣言編」

このCMでは、弁護士のサポートで少しでも多くの方が給付金を受けとれるようにと、アディーレが始めた「ゼロ宣言」を紹介しています。

公開日:2019/08/14

政府が和解勧告受け入れる方針を確認 B型肝炎訴訟

集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したとして患者らが国に損害賠償を求めている裁判で、政府は、裁判所の和解勧告を受け入れる方針を確認しました。テレ朝news

公開日:2010/05/09

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。