B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

新着リンク集7

TOP 肝炎給付金 B型肝炎給付金 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 輸血感染者はB型肝炎訴訟の対象外になる

目次

  1. 輸血感染者はB型肝炎訴訟の対象外になる
  2. B型肝炎給付金を受け取るにはどこに依頼するべき?
  3. B型肝炎給付金の死亡した場合の給付
  4. B型肝炎訴訟は全国で実施
  5. B型肝炎訴訟に定められている期限
  6. 全体的に紹介されているB型肝炎給付金のCM
  7. B型肝炎給付金のCMでは分からない事も
  8. 母子手帳がない場合のB型肝炎訴訟を全国弁護団に相談
  9. 急ぎたいB型肝炎訴訟に関する全国弁護団への相談
  10. B型肝炎給付金請求テレビCM
  11. B型肝炎給付金請求テレビCM 「男性編」

輸血感染者はB型肝炎訴訟の対象外になる

B型肝炎訴訟は、昭和23年から昭和63年までの間に「集団予防接種」によってB型肝炎に感染した方が対象です。さらにその中でも、「持続感染者」である方と定められております。

これらを一次感染者といい、一次感染者の母親からの母子感染により持続感染された方を二次感染者といいます。この、二次感染者も肝炎訴訟の対象です。

ですので、輸血によってB型肝炎に感染した場合は、対象外となります。

ですが、これ以前にB型肝炎肝炎に感染していて訴訟対象になり得る可能性がある場合は、検査結果やカルテなどの証拠を揃えて和解に臨むことが可能です。

B型肝炎訴訟に関する記事

B型肝炎給付金を受け取るにはどこに依頼するべき?

B型肝炎給付金を受け取るためには弁護士の力を借りてB型肝炎訴訟をすることが現実的な選択肢となりますが、弁護士とのアプローチ方法は二つに大別されます。

いわゆる「弁護団」かから弁護士を紹介してもらうか、自分で弁護士事務所を探して依頼するかのどちらかです。

この弁護団とは一体どのような団体なのでしょうか?
今でこそB型肝炎給付金を受け取るためのB型肝炎訴訟は和解を前提としていますが、事の発端は、原告五人による国を相手取った裁判でした。

その時、各弁護士事務所などの垣根を越えて結成されたのが弁護団です。

その後、B型肝炎訴訟が全国的に広がるにつれ、弁護団も次々と結成されていきました。

ではこの弁護団に弁護士をあてがってもらうのが筋なのか、というと特にそういう決まりもなく、ご自身で弁護士事務所を探しても何ら問題はありません。

B型肝炎給付金を受け取るための裁判と判決は、和解・給付金の受け取りに向けた「厳正な手続き」のようなものであり、この手続きは段取り のようなものがすでに存在しています。ケースバイケースで対応しましょう。

B型肝炎給付金の死亡した場合の給付

B型肝炎と判断され、死亡した場合B型肝炎給付金の請求が出来る可能性があります。

それは、過去に集団予防接種を受けた際に連続して同じ注射器を使用したことが原因となり、B型肝炎になった場合です。

そして、B型肝炎給付金の請求をするには必要な書類を揃え裁判所に提出しなければなりません。輸血や母子感染からのウイルス感染でない事を証明するためです。

B型肝炎による死亡の場合、亡くなった方に変わり遺族の方に請求権がまわります。弁護士にお願いすることも踏まえ、B型肝炎訴訟費用や弁護士費用合わせて144万円程度必要となります。

実際に給付される金額は3,600万円です。

B型肝炎給付金の内容

B型肝炎給付金の内容については、感染している症状や病状の重さなどによって異なっています。国が提示している条件がありますので、それに沿って給付金が支払われるようになっています。

無症候性キャリアだった場合には600万円が支給され、死亡や重度の肝硬変などの場合には3600万円支給されるケースがあります。この給付金は慰謝料にとってかわるものになりますので、しっかりと受け取れるようにしておきましょう。

弁護士の中にはB型肝炎訴訟を得意としている弁護士もいますので、そのような弁護士に依頼することをおすすめします。

B型肝炎訴訟は全国で実施

大分少なくなったと言われますが、まだまだB型肝炎訴訟を起こさなければならない人はいます。

過去の問題によって、まだ情報を把握していなかったり、自分が対象であることを理解できていないのです。そうした人に利用してもらいたいと考えて、CMなどで宣伝を行っています。行っていることで、気づいてくれた人が連絡してくれる可能性があります。

こうして連絡を入れてもらって、B型肝炎訴訟を起こすことができます。全国で実施されていることなので、基本的にはどこに連絡しても対応してくれます。

ただ弁護士に相談した方がいいので気をつけてください。

B型肝炎訴訟に定められている期限

B型肝炎訴訟に期限が定められていることを知っていますか?実は期限が定められていて、2022年1月までとされています。

この日を過ぎてしまいますとB型肝炎給付金を1円も受け取ることができませんので、今のうちに弁護士に依頼することが大切でしょう。その際に弁護士に相談してから、和解に至るまで時間がかかることも認識しておくことが大切です。

期限間際になると駆け込みで多くの人が殺到することが予想されますので弁護士事務所も大変になることが予想されます。そのような不足の事態に備えて早めに手を打っておくことをおすすめします。

全体的に紹介されているB型肝炎給付金のCM

基本的な事についてB型肝炎給付金のCMで紹介されている場合が多いと思われます。B型肝炎給付金のCMはほんの短い時間の中で紹介しないといけません。

そのため、B型肝炎給付金のCMだけですべてを紹介するという事は難しい場合もあります。B型肝炎給付金のCMでは、かいつまんで大事だと思われる部分のみ紹介されている事もあります。

B型肝炎給付金のCMでは、難しい用語などはできるだけ使用しないで、知識がなくても理解できる様に紹介されています。

また、法律事務所のホームページにおいても、同様に分かりやすく説明されている場合が多いと思われますので、目を通してみる事をおすすめします。

B型肝炎給付金のCMでは分からない事も

大事な事は一通りB型肝炎給付金のCMで紹介されている事もあり、B型肝炎給付金のCMを見ているだけで分かったと実感する事も多いでしょう。

しかし、実際の問題については、複雑なケースなどもあります。また、B型肝炎給付金のCMを見ているだけでは解決する事が難しいため、弁護士に相談する必要があります。

複雑なケースについては、個別相談を受ける事が解決するために重要になってきます。B型肝炎給付金のCMをきっかけに、問題解決に向けて着手する人もいるかと思います。

また、給付金を受け取る事ができる期間は限られていますので、B型肝炎給付金のCMを見たら、できるだけ早めに相談しましょう。

母子手帳がない場合のB型肝炎訴訟を全国弁護団に相談

すべての人がB型肝炎訴訟を全国弁護団に相談する際に、手元に母子手帳があるという分けではありません。

もちろん、B型肝炎訴訟を全国弁護団に相談するなら母子手帳はあるに越した事はありません。

しかし、どうしても見つからない事もあるでしょう。しかし、その様な場合でもB型肝炎訴訟を全国弁護団に相談できます。

B型肝炎訴訟を全国弁護団に相談すると、証拠となる資料集めを行ってくれます。

ですので、自分で探しても証拠が見つけられないという場合でも、給付金の受け取りについて自分で決めつけてしまうのではなく、まずはB型肝炎訴訟を全国弁護団に相談する事により、法律家の意見を聞いてみましょう。

急ぎたいB型肝炎訴訟に関する全国弁護団への相談

できれば、B型肝炎訴訟に関する全国弁護団への相談を希望しているという人もいるでしょう。

B型肝炎訴訟に関する全国弁護団への相談を検討しているのであれば、遅れない様にする必要があります。

B型肝炎訴訟に関する全国弁護団への相談は、いつまでも対応してくれる分けではありません。

B型肝炎訴訟に関する全国弁護団への相談については、納期があるという事を忘れてはいけないでしょう。

B型肝炎訴訟に関して全国弁護団へ相談するのであれば、二次感染の可能性がある家族がいないかどうか確認しましょう。

可能性がある場合には、まとめて相談すると手っ取り早いでしょう。相談については急ぐ様にしましょう。

B型肝炎給付金請求テレビCM

B型肝炎訴訟 給付金請求なら

公開日:2019/04/16

B型肝炎給付金請求テレビCM 「男性編」

B型肝炎給付金請求テレビCM 「男性編」

公開日:2018/02/27

更新20140730

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。

メニュー

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 肝炎給付金 B型肝炎訴訟弁護士 過払い請求 過払い大阪 債務整理 債務整理大阪 引き出物