B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

新着リンク集1

TOP B型肝炎給付金 肝炎給付金 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟の弁護士の選び方について

目次

  1. B型肝炎訴訟の弁護士の選び方について
  2. B型肝炎給付金と原告の対応の仕方
  3. B型肝炎訴訟による給付金とは
  4. B型肝炎訴訟に必要な書類とは
  5. 広まるB型肝炎訴訟の認知
  6. 弁護団に確認するB型肝炎給付金
  7. 無症状でも時期を過ぎなければ受け取れるB型肝炎給付金

B型肝炎訴訟の弁護士の選び方について

B型肝炎訴訟を検討されている方は、まずは弁護士を選ばなければいけません。

B型肝炎訴訟を専門に行っている弁護士事務所は多数あります。多数ある事務所の中からどこが良いのか選ぶときの選び方として、まず、どれだけB型肝炎訴訟の提訴実績があるかどうかを確認しましょう。多数の訴訟を手掛け、実績がある事務所に依頼をすると解決までの時間が早くなります。

提訴実績に関しては、ホームページに記載している事務所がほとんどですが、情報が記載されていないときは、相談のときなどに直接聞いてみましょう。

また、医療事件の経験があるかどうかも確認しておきましょう。

B型肝炎訴訟に関する記事

B型肝炎給付金と原告の対応の仕方

B型肝炎給付金の原告として裁判で争う際には、多種多様な書類を集める必要があるため、信頼のおける弁護士や医師などに相談を持ち掛けることが良いでしょう。

近頃は、B型肝炎給付金を巡るトラブルの発生件数が全国的に増えており、将来的なリスクを回避するうえで、じっくりと必要な知識を身に着けることがおすすめです。

もしも、B型肝炎給付金の利点について知りたいことがある場合には、常日ごろから様々な立場の人のアドバイスを参考にすることによって、それぞれの生活のスタイルに応じて、冷静に判断をすることが可能となります。

B型肝炎訴訟による給付金とは

日本国内で、昭和23年~昭和63年までの間に行われた集団予防接種(予防接種もしくはツベルクリン反応検査)において注射器の連続使用により、最大40万人以上がB型肝炎ウィルスに持続感染しているとされています。

感染した人に国より給付金が支給されますが、対象となる人の認定は裁判所において国を相手とする国家賠償請求B型肝炎訴訟を提起して国と和解等を行う必要があります。

B型肝炎訴訟は、平成23年6月に国と原告の間において基本的な合意がなされたのをはじめとして、平成24年1月より法に基づいた給付金支給となっています。

B型肝炎訴訟に必要な書類とは

昭和23年から昭和63年までの間に集団接種を受けた人が注射針を連続使用したことにより感染したB型肝炎ウイルス感染症は国が注射針を交換するように指導しなかったことに起因し、給付金が支払われることになりました。

該当者は必要書類をそろえて申請する必要があるのですが、手続きに必要な証明書を集めたり確認をするのも大変な作業となり、多くの人は弁護士に依頼しB型肝炎訴訟を起しています。

まず、B型肝炎に持続感染していることの証明書が必要です。これは半年以上の間隔をあけて検査した結果持続感染していることの証明書です。次いで母子感染でないことの証明、集団予防接種以外で感染の原因がないことを証明するもの、病気の証明(無症候性キャリアの人は不要です)が必要となります。またこれに該当する母親から垂直感染した子にも適応される制度ですが、この場合本人と母親、そして祖母に至るまでの証明書が必要となります。

B型肝炎訴訟を起こす場合は給付金相談を扱っている法律事務所の弁護士が相談にのってくれます。

広まるB型肝炎訴訟の認知

最近ではB型肝炎訴訟について弁護士事務所がコマーシャルをしているのを見かけたり、もしくはB型肝炎訴訟について駅などのポスターで見たという人もいるかと思われます。

そのためか、B型肝炎訴訟に対する認知は広まっている様です。

実際に国に対してB型肝炎訴訟をする事ができる人であったとしても、この件について知らない事が原因で、そのまま放置してしまっている人も少なくない様です。

認知が広まる事によって、気が付き検査を行う人も増えるのではないかと思われます。そうなれば、B型肝炎訴訟で給付金を受け取る事はもちろんですが、必要に応じて治療を受けたり、もしくは感染が広がらない様にする事も可能でしょう。

弁護団に確認するB型肝炎給付金

いくらのB型肝炎給付金を受け取る事ができるのかという事は、自分では分かりにくい事もあります。その様な場合には弁護団に相談する事で、確認する事ができます。

B型肝炎給付金は、最低でも50万円から3600万円と大きな開きがあります。弁護団は症状などに応じてどの病態に該当するのかという事を確認してくれます。

B型肝炎給付金だけではなく、手続きは弁護団が行ってくれますので、詳細がわからなくても特に問題はないでしょう。

しかし、自分がB型肝炎給付金を受け取るに当たり、知識がないと不安になります。弁護団に聞くだけでなく、弁護団のホームページでB型肝炎給付金の知識を増やす事ができます。

無症状でも時期を過ぎなければ受け取れるB型肝炎給付金

無症状の人は、B型肝炎給付金を受け取る事ができるという事を知らないまま過ごしている人が多い様ですが、時期を過ぎなければ受け取り可能です。

B型肝炎給付金を受け取るためには、時期が過ぎない間に、弁護士相談を受け取るといいでしょう。時期が過ぎるまで時間があれば、時間をかけて弁護士を探し、B型肝炎給付金の依頼を行う事ができます。

B型肝炎給付金は、無症状でも時期を過ぎなければ受け取れるという事を身近な人に教えてあげましょう。そうすると、家族など近しい人がB型肝炎給付金の受け取りが実現する事もあるでしょう。時期も手続きを行う上で大事となりますので、同時に教えてあげましょう。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。

メニュー

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 肝炎給付金 B型肝炎訴訟弁護士 過払い請求 過払い大阪 債務整理 債務整理大阪 引き出物