B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国からB型肝炎給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

新着リンク集

マイリンク集

マイリンク集

新着リンク集1

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟の発端は注射器の連続使用による感染

目次

  1. B型肝炎訴訟の発端は注射器の連続使用による感染
  2. 肝硬変とB型肝炎訴訟について
  3. 注意したい請求期限があるB型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟の発端は注射器の連続使用による感染

B型肝炎訴訟の始まりは、平成元年に起きた患者5人による訴訟です。

この年、B型肝炎患者が集団予防接種の際にウィルスに感染したと主張し、国に対して訴訟を起こしました。裁判で、注射器を連続したための感染であると認められ、国の損害賠償責任が認められました。その後、平成12年の裁判では、第一審判決で国が勝訴したケースもありましたが、全国でB型肝炎患者による提訴が相次いで起こりました。

そして、その後もB型肝炎訴訟の数は増加し続けたため、「特定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行されるようになりました。

肝硬変とB型肝炎訴訟について

B型肝炎とはB型肝炎ウイルスに感染して起こる感染症です。感染経路としては主に性交、血液、母子感染が挙げられ、粘膜や傷口からのウイルスの侵入によります。感染したからといって必ずしも発症するわけではなく無症候性キャリアとして何の症状もなく生活している人がほとんどですが、突如肝硬変や肝がんへと移行することがあり恐れられています。

B型肝炎訴訟で最も重く受け止められているのが、この疾患です。給付金についても感染後20年未満で重度の肝硬変を発症した場合3600万円と最高額が給付され、同条件で軽度の場合2500万円が給付されます。

B型肝炎訴訟を起こす場合、全国薬害肝炎弁護団が相談を受けています。

注意したい請求期限があるB型肝炎訴訟

いつまでも自由に手続きが行う事ができる分けではありません。B型肝炎訴訟には請求期限があります。この請求期限というのは、B型肝炎訴訟を行う上で非常に重要になります。

請求期限を超えてしまうと、B型肝炎訴訟を行う事ができなくなってしまいます。そのため、請求期限に間に合う様にB型肝炎訴訟を行う必要があります。

また、請求期限まで余裕があっても、できるだけ早めにB型肝炎訴訟を済ませておく事をおすすめします。そうする事で、直前になって慌てる必要もなく、余裕を持って手続きを行う事ができます。

時間はたくさんありそうに感じても、忘れてしまう可能性もありますので、注意が必要でしょう。

肝炎訴訟にはB型肝炎訴訟とC型肝炎訴訟があります。それぞれに給付金請求ができます。弁護士事務所によってもなんでかんでも相談、解決できるわけではありません。だからこそ、そのような肝炎訴訟にも強い弁護士事務所、法律事務所を選ぶこそが大切です。

大阪、神戸、京都にはそんな弁護士事務所があります。それが弁護士法人みお綜合法律事務所です。B型肝炎給付金請求の無料相談会はbgata-kyufukin.com B型給付金請求ナビのホームページで確認してください。

B型肝炎訴訟に関する記事