B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国からB型肝炎給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

新着リンク集

マイリンク集

マイリンク集

コンテンツ

TOP 肝炎給付金 B型肝炎給付金を受け取る事ができる時期

目次

  1. B型肝炎給付金を受け取る事ができる時期
  2. B型肝炎給付金を受け取るにはどこに依頼するべき?
  3. B型肝炎給付金の死亡した場合の給付

B型肝炎給付金を受け取る事ができる時期

今すぐにB型肝炎給付金を受け取るための手続きを行ったとしても、すぐに受け取りが実現する分けではありません。時期には個人差がありますが、時間がかかる事が多い様です。

B型肝炎給付金の受け取りについて、平均的な時期は、1年程度と言われる事もあります。しかし、B型肝炎給付金の受け取り時期を早くしたいという人は、資料の収集をスムーズに進める事が大事です。

B型肝炎給付金の受け取り時期を早くしたいなら、弁護士相談を受けると、資料収集のアドバイスをいただく事ができます。B型肝炎給付金の受け取り時期に関係なく、手続きの期限を考慮してできるだけすぐ手続きを行う事が重要だと考えられます。

B型肝炎給付金請求の場合、いろいろな条件がありますので、その要件によってはB型肝炎訴訟となる場合もあります。だからこそ、もしかしたらB型肝炎訴訟があってもいいような弁護士事務所、法律事務所を選ぶことです。

大阪にはそんな弁護士事務所があります。それが弁護士法人みお綜合法律事務所です。B型肝炎給付金請求の相談はホームページで確認してください。

大阪、京都、神戸でB型肝炎訴訟ならhttps://www.bgata-kyufukin.com/

B型肝炎給付金を受け取るにはどこに依頼するべき?

B型肝炎給付金を受け取るためには弁護士の力を借りてB型肝炎訴訟をすることが現実的な選択肢となりますが、弁護士とのアプローチ方法は二つに大別されます。

いわゆる「弁護団」かから弁護士を紹介してもらうか、自分で弁護士事務所を探して依頼するかのどちらかです。

この弁護団とは一体どのような団体なのでしょうか?
今でこそB型肝炎給付金を受け取るためのB型肝炎訴訟は和解を前提としていますが、事の発端は、原告五人による国を相手取った裁判でした。

その時、各弁護士事務所などの垣根を越えて結成されたのが弁護団です。

その後、B型肝炎訴訟が全国的に広がるにつれ、弁護団も次々と結成されていきました。

ではこの弁護団に弁護士をあてがってもらうのが筋なのか、というと特にそういう決まりもなく、ご自身で弁護士事務所を探しても何ら問題はありません。

B型肝炎給付金を受け取るための裁判と判決は、和解・給付金の受け取りに向けた「厳正な手続き」のようなものであり、この手続きは段取り のようなものがすでに存在しています。ケースバイケースで対応しましょう。

B型肝炎給付金の死亡した場合の給付

B型肝炎と判断され、死亡した場合B型肝炎給付金の請求が出来る可能性があります。

それは、過去に集団予防接種を受けた際に連続して同じ注射器を使用したことが原因となり、B型肝炎になった場合です。

そして、B型肝炎給付金の請求をするには必要な書類を揃え裁判所に提出しなければなりません。輸血や母子感染からのウイルス感染でない事を証明するためです。

B型肝炎による死亡の場合、亡くなった方に変わり遺族の方に請求権がまわります。弁護士にお願いすることも踏まえ、B型肝炎訴訟費用や弁護士費用合わせて144万円程度必要となります。

実際に給付される金額は3,600万円です。

B型肝炎給付金に関する記事