B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

コンテンツ

ウイルスで移るB型肝炎の給付金について

ウイルスが原因で起こるウイルス性肝炎のB型肝炎は、日本国内に多くの患者がいることで知られています。自分が原因の病気ではないので、訴訟が全国各地で起こっています。

B型肝炎訴訟を積極的に扱っている弁護士事務所もあり、B型肝炎で悩まれているなら、一度弁護士事務所に相談してみたらいかがですか。また、国へ申請すれば給付金の対象になりうる可能性があります。

泣き寝入りせずにまずは行動を起こしましょう。病気を予防するために接種した注射器のせいで移されたのであって、患者本人は全く責任はありません。B型肝炎給付金を受け取るためにも相談してみましょう。

一部の人が受け取れるB型肝炎給付金

すべてのB型肝炎を経験した人が、B型肝炎給付金を受け取る事ができる分けではありません。集団予防接種の際に使いまわしの注射針を使用する事が直接の感染源となっている事が証明された場合にのみB型肝炎給付金を受け取る事ができます。

B型肝炎給付金では、その事を証明する必要があるのですが、使いまわしの注射針が集団予防接種で使用されていた時期などにより、可能性を探る事ができる場合もあるでしょう。

また、症状などが深刻であればあるほど多く受け取る事ができるB型肝炎給付金は人によって金額は違います。B型肝炎給付金を受け取る事ができる人は、次に弁護士に金額について尋ねてみましょう。

B型肝炎給付金のために弁護士を雇いましょう

B型肝炎給付金とは集団予防接種による注射器の使い回しなどでB型肝炎ウイルスに感染してしまった人たちに対して国が支払う損害賠償金のことです。しかし、国が支払うからといって勝手にお金が舞い込んでくるということはありません。

国に対して訴訟を起こす必要性があるのです。そのために、必要となるのが弁護士です。

自分でB型肝炎訴訟を起こすことも可能ですが、時間と労力がかかりすぎるためおすすめできません。弁護士を雇うためのお金が心配と思う人もいるでしょうが、国から補助金が出るのでそこまで気にしないで大丈夫です。

また、成功報酬としてだいたい5~10%ほど支払うことになります。B型肝炎給付金といっても全額もらえるわけではないのです。

B型肝炎給付金を受け取るための必要書類

B型肝炎給付金を受け取るためには、国に対してB型肝炎訴訟を起こさなければなりません。

法律事務所を通して行うことができるので、指示に従っていけば特に難しいことはありませんが、昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に受けた集団予防接種によって感染したことを証明する必要があるため、満7歳 の誕生日の前日までの間に集団予防接種等を受けたことを証明する必要書類が必要になります。

具体的にB型肝炎給付金を受け取るために必要になるのは、母子健康手帳 や予防接種台帳(市町村で保管)のいずれかです。これらがない場合は、その事情を説明した陳述書や接種痕が確認できる旨の医師の意見書、住民票または戸籍の附票などを提出します。

B型肝炎給付金を受け取るために必要な検査

B型肝炎給付金を受け取る方々の中には、定期検診などでB型肝炎が発覚して訴訟に至ったケースもあります。具体的には血液検査によって感染の有無を調べるのですが、その中でも「HBs抗原」ほか二つの項目が陽性か陰性かどうかを調べる場合、6か月以上の期間を空けて二回検査する必要があります。

一つ留意しておきたいのは、これはあくまでB型肝炎「そのもの」を患っているかどうかを調べるためのものであり、過去の集団予防接種による感染、もしくは母子感染によるものかどうかは断定できない、ということです。

国と和解してB型肝炎給付金を受け取るためには、資料などに基づいた更なる調査が必要になります。

わかりにくいB型肝炎給付金の制度

B型肝炎給付金の内容については非常にわかりにくいことがあげられます。

その証拠にB型肝炎の感染者に対して和解をしている人が少なすぎることが問題視されています。もう少しわかりやすい制度であれば、多くの人が給付金をもらうためにB型肝炎訴訟を起こすことでしょう。

B型肝炎訴訟についてはさまざまな課題や問題がありますが、B型肝炎給付金の期限が平成34年1月12日までとされていますので、それまでにB型肝炎訴訟を起こし、和解することが必要になってくるでしょう。思い当たる節がある人は一度弁護士に相談してみてもいいでしょう。

B型肝炎給付金に関する記事

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。