B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

コンテンツ

B型肝炎訴訟

現在では、個人がB型肝炎訴訟を行って給付金という形で救済してもらう事ができますが、その様な状態になるまでにかなり長い道のりがありました。

B型肝炎で国を相手にして訴訟を行ってきた人や、同じ様にB型肝炎に感染している人はきっと辛い思いをする事もあっただろう、と思います。

該当している被害者は全国にたくさんいるだろう、と言われています。訴訟で国が敗訴となってから、被害者の救済を行うと同時にこれからの対策についても定められている基本合意という結論に至りました。

まだ、救済を受けていない人も多いそうですので、認知がもっと広まってたくさんの人が無事に救済してもらう事ができればいいですね。

知りたいB型肝炎訴訟

近頃ではB型肝炎訴訟について弁護士相談する人も増えている様です。そのB型肝炎訴訟とはどの様なものかと詳しく見ていきたいと思います。まずB型肝炎訴訟というのは、すべてのB型肝炎ウィルスに感染している人が対象ではありません。

集団予防接種により感染した人とその子供がB型肝炎訴訟の対象となっています。ですので、それ以外に感染源があると疑われる人はB型肝炎訴訟にて給付金を受け取る事はできません。

集団予防接種については、1941年7月から1988年1月の間の生年月日の人で、更に満7歳までに予防接種を受けている人などが対象になります。これに該当している人はぜひ詳しい情報を調べてみましょう。

B型肝炎訴訟と増殖したウイルスの関係性

現在マスコミなどで大きく取り上げられているB型肝炎訴訟において、増殖した肝炎ウイルスの状態によって、つまり肝炎感染者の病態によって給付金が支払われるようになりました。

この給付金の額は数十万円から数百万円であり、最高額では三千万円以上が支払われました。またこのB型肝炎訴訟では、どうしてここまで感染が拡大したのかが判明しました。

1948年から1988年当時の医療体制として、他人に使用した注射器を別の人間にも使い回すという悪習がおこなわれていたのです。その結果、集団予防接種などによって、感染が爆発的に拡大したのです。

被害者は泣き寝入りせずB型肝炎訴訟を

注射針の使い回しで肝炎に感染する危険性があるということは、ずいぶん前から、国の関係省庁や医療現場では知られていました。それにもかかわらず、注射針の使い回しや、医療器具の不十分な消毒、非加熱血液製剤の使用などが続いたため、肝炎は必要以上に広まりました。

肝炎に感染させられた被害者が、そのことに対して責任を追及するのは、ごく自然なことです。被害者はB型肝炎訴訟に加わり、正当な補償を受けるべきです。

学校での予防接種では、注射針の使い回しが近年まで続けられましたから、肝炎感染は誰の身にも起こり得たことで、B型肝炎訴訟はひとごとではありません。

B型肝炎訴訟で母子感染と認められるための要件

B型肝炎訴訟をする人は、全員が集団予防接種によって肝臓を患ったわけではありません。そのような形によって直接B型肝炎に感染した人を一次感染者といい、女性の一次感染者が妊娠・出産した子供が生まれつき肝炎を患っていた場合「母子感染」といって二次感染者に分類されます。そのお子さんが女の子で、成長後出産した子供が連鎖的に観戦している場合も同じです。

患者が母子感染者としてB型肝炎訴訟をするにあたっては、まず母親が一次感染者であることを資料などによって厳密に証明する必要があります。その上で、原告自身がB型肝炎を患っている証明が必要です。

母親が長年B型肝炎の症状を発しておらず(無症候群キャリア)それがあだとなって子供に感染するケースもありますので、血液検査をするなど最低限の対策を講じる必要があります。

B型肝炎の訴訟に必要なカルテについて

B型肝炎の訴訟には、カルテが欠かせないです。カルテは医療上の証拠でもあり、その権利や喪失を証明することが出来ます。病院で行われたB型肝炎などの治療が適切であったかの証拠にもなり、裁判でも大きな判断材料になります。

不正と訴えられた場合でも、カルテが病院側の一番の証拠になるのです。逆に医療機関側を訴えるためにも、必要なアイテムです。医療記録の改ざんや不正を見抜くためにも、大切な資料になります。

記録を改ざんしたり嘘を書いている場合は、罪に問われることもあるので重要な切り札として活用することも出来るのです。

B型肝炎訴訟に関する記事

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。