B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

コンテンツ

B型肝炎訴訟での弁護士費用と支援組織会費

B型肝炎訴訟は、かつて注射器を使いまわしていた時代に予防接種を受けて感染してしまった方々が行う訴訟です。このB型肝炎訴訟で勝訴すると、国から給付金が支払われます。

しかし、訴訟を起こすので、作成が難しい書類の作成や裁判所への出頭のために、弁護士に依頼することが多くなります。その費用は、弁護士事務所が自由に設定することができますので、一概にいくらとは言えませんが、その4%は国が負担します。

また、B型肝炎という病気の苦しみや、訴訟を行う際の不明点など、B型肝炎患者の方を支援する支援組織も全国にいくつかあります。これらの組織は、一般的に会費は取っていませんので、一度連絡してみると、訴訟にしても、病気の治療にしても、様々なことを教えてもらうことができます。

最大で3600万円のB型肝炎給付金について

B型肝炎給付金について、ご存知でしょうか?厚生労働省の発表によると、日本国内のB型肝炎の持続感染者は110万から140万人存在すると推計されていますが、 このうち、7歳までの幼少期に受けた予防接種まやツベルクリン反応検査の際に、注射器が連続使用されたことが原因でB型肝炎ウイルスに感染した方は、最大で40万人以上と言われています。

B型肝炎給付金とは、これらの幼少期の注射器の連続使用によって感染した方と、その方から母子感染した方へ、病態に応じて国から支払われる、最大で3600万円の給付金のことです。

B型肝炎給付金を受け取るためには、国を相手として国家賠償請求訴訟を起こして和解する必要があるなどの手続が必要で、法的な知識があった方がスムーズに事が運びます。そのため、B型肝炎訴訟や給付金の申請については、弁護士や事務所などの専門家に相談される方も多いです。

B型肝炎訴訟の相談は専門の弁護士へ

B型肝炎訴訟という言葉は多くの人が耳にしているでしょう。これは幼少期に予防接種やツベルクリン反応検査を昭和23年から昭和63年に集団接種を受けた人達が、B型肝炎に感染したことに対し国を相手に訴訟を起こしたことを指します。

以前は学校などで集団接種をするのが一般的であり、接種時に注射針や注射筒を連続使用していました。そうすることでB型肝炎に感染してしまい、国が注射針を交換するように指導しなかったことについてその責任を負うというものです。

予防接種でB型肝炎に感染したということを証明するのにも、いくつかの要件を満たさなくてはなりません。また感染した母親から垂直感染した人にも適応されるのですが、手続きについては厚生労働省健康局結核感染症課より「B型肝炎訴訟の手引き」が発行されているので参考にするとよいでしょう。

またB型肝炎訴訟に関しては給付金相談を受け付けている専門の弁護士が相談にのってくれます。

B型肝炎訴訟に関する記事

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。