B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

プリザーブドフラワーの仕組み

血液検査でわかるB型肝炎の原因について

B型肝炎の原因は、B型肝炎ウイルスをもった人からの血液や体液による感染です。

血液による感染は、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液を通して感染します。注射針の使いまわしで感染する場合や感染している人の血液を輸血して感染する場合などが原因になります。他にも性行為による体液感染や、B型肝炎の母親が出産して子に感染する母子感染なども上げられます。

B型肝炎は、肝臓の細胞がこわれて肝臓の働きが悪くなる病気になります。

慢性B型肝炎と急性B型肝炎があり、慢性の場合は肝硬変や肝がんになるリスクが高くなります。血液検査で感染しているかどうか調べることができます。血液検査ではHBs抗原という項目を検査します。HBs抗原が検出されると肝臓の中で繁殖していることになり、血液中にウイルスが存在することになります。HBs抗原は、キャリアの確認や病状の程度もわかる検査になります。

B型肝炎の初期症状

B型肝炎の初期症状は、全身の倦怠感、頭痛、発熱といったもののため、多くの人は風邪かなと思ってしまいます。

症状が進み、吐き気や下痢、食欲不振などの症状が出てきますが、消化器系の風邪かと勘違いすることもあるようです。その後、症状がひどくなり重症化してくると、黄疸や褐色の尿が出たり、肝臓が腫れて背中の右側に鈍い痛みを感じるようになります。

最初の初期症状で、急にひどくなるわけではなく、少しずつ体調不良になっていくので、初期段階では、なかなか肝炎と気づかないようです。

B型肝炎給付金の症状別給付金額について

B型肝炎給付金は集団予防接種の際に注射器(注射針や注射筒)の使いまわしによりB型肝炎ウイルスに感染した方に給付される損害賠償金を指します。

B型肝炎給付金の症状別の給付金額は感染者が死亡・肝臓がん・重度の肝硬変を患っている場合、3,600万円給付されます。肝硬変も軽度であれば2,500万円に減額となります。無症候性キャリアの方で600万円支給されます。

しかし発症から20年間請求しないままでいると減額されてしまいますので、注意が必要です。支給対象者に認定されるまでに検査を受けたり弁護士を手配したりなどで費用が掛かりますが、これらも上乗せして支給されますので安心です。身体的・経済的負担の軽減のためにも早くB型肝炎給付金手続きを行いましょう。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。