B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

お手入れ方法について

B型肝炎と肝硬変の給付金について

日本では、100万人以上のB型肝炎の感染者がいると言われています。

若い頃に集団検診で何度も使用した注射器で予防接種を受けたことで、B型肝炎ウイルスに感染した場合や、母子感染をした人に対して給付金が支払われるので、信頼できる弁護士に相談をすることが大切です。

B型肝炎ウイルスに感染をしていたり、症状が悪化して肝硬変の症状が見られる人の程度に応じて、50万円から3600万円までの給付金が支払われる仕組みになっています。体が疲れやすいと感じたり、吐き気やだるさなどの症状が見られたら、病院で精密検査を受けることが大切です。

もし自分が給付金対象者にあてはまるようでしたら、一人で悩まずに弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

B型肝炎訴訟の弁護士費用に対する給付金

昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの集団予防接種が原因でB型肝炎に感染した人は、国に対して訴訟の提起を行えば症状の深刻さに応じた給付金を受け取ることができます。

法的には国に対して損害賠償請求をしたあと、国から和解金が支払われるという形になるわけです。しかし、普通の人にとっては、訴訟を起こすこと自体がかなりの経済的負担になります。

そこで、B型肝炎ウイルス感染者給付金支給対象者として認められた人には、弁護士費用やB型肝炎に感染しているかを確かめる検査費用を含む訴訟費用が支給されます。弁護士費用の額は給付金額の4%となっています。

母子感染によるB型肝炎給付金請求

1941年から1988年に行われた国による集団予防接種において、注射針を使いまわしていたためにB型肝炎の感染をした方がおられます。

国が原因を認めたために感染者に見舞金が支払われることになったものがB型肝炎給付金です。予防接種を受けた本人はもちろん、母子感染によるものも認められます。

母親が予防接種における一次感染者であることや、子供の医療機関の診断書などが必要です。子供が発症していない無症候性キャリアの場合も対象となります。母親が亡くなっている場合でも遺族がB型肝炎給付金を受け取ることができます。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。