B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

新着リンク集6

B型肝炎の要件を満たし給付金を

B型肝炎ウイルスに一度感染すると、完全にウイルスを排除することができません。そのために慢性肝炎の場合は、ウイルスが増殖しないように継続してそれを抑える治療を続けていくことになります。治療費も月5~6万円必要です。

しかし、医療補助制度があるので、自己負担額の上限が月1~2万円まで軽減されます。

また、昭和23年以降行われていた予防接種によってB型肝炎に感染した場合は、そのことを証明する必要要件が満たされれば、国から給付金が支給されます。これらの制度や給付金を利用すれば、自己負担金を大幅に減らすことができます。

B型肝炎訴訟で給付金が支給されるよう必ず請求を行いたい。

弁護士に聞くB型肝炎給付金

人によってB型肝炎給付金を受け取る事ができるケースもあれば、そうではないケースもあります。また、B型肝炎給付金を受け取る事ができる場合であったとしても、その金額というのは一定ではありません。

ですので、大事な事は自分が受け取る事ができるB型肝炎給付金を把握して、実際に手続きを行う事でしょう。裁判所を通した手続きを行わない限りB型肝炎給付金を受け取る事はできませんので、何か聞きたい事がある場合などには弁護士に聞くのが手っ取り早いと思われます。弁護士がしっかりとサポートしてくれると、非常に難しいそうに感じるB型肝炎給付金の受け取りも、問題なく行う事ができるかと思われます。

B型肝炎給付金に税金がかかるのでしょうか

B型肝炎給付金は人によって3600万円という高額なお金が支給されることになります。

問題はこのB型肝炎給付金には税金がかかるのかということです。

所得税法上、心身に加えられた損害に対して支払を受ける慰謝料や損害賠償金などは非課税と定められているので、B型肝炎給付金についても税金を納める必要はありません。これは、すでに患者さんがなくなってしまっており、遺族を受け取った場合でも同様です。たとえば、医療保険などから支払われる入院給付金が非課税であるのと同じです。詳しいことは、専門機関に問い合わせてみると良いでしょう。

B型肝炎訴訟の発端は注射器の連続使用による感染

B型肝炎訴訟の始まりは、平成元年に起きた患者5人による訴訟です。

この年、B型肝炎患者が集団予防接種の際にウィルスに感染したと主張し、国に対して訴訟を起こしました。裁判で、注射器を連続したための感染であると認められ、国の損害賠償責任が認められました。その後、平成12年の裁判では、第一審判決で国が勝訴したケースもありましたが、全国でB型肝炎患者による提訴が相次いで起こりました。

そして、その後もB型肝炎訴訟の数は増加し続けたため、「特定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行されるようになりました。

肝硬変とB型肝炎訴訟について

B型肝炎とはB型肝炎ウイルスに感染して起こる感染症です。感染経路としては主に性交、血液、母子感染が挙げられ、粘膜や傷口からのウイルスの侵入によります。感染したからといって必ずしも発症するわけではなく無症候性キャリアとして何の症状もなく生活している人がほとんどですが、突如肝硬変や肝がんへと移行することがあり恐れられています。

B型肝炎訴訟で最も重く受け止められているのが、この疾患です。給付金についても感染後20年未満で重度の肝硬変を発症した場合3600万円と最高額が給付され、同条件で軽度の場合2500万円が給付されます。

B型肝炎訴訟を起こす場合、全国薬害肝炎弁護団が相談を受けています。

B型肝炎給付金での二次感染者

B型肝炎訴訟について、まだまだ知らない世代も多くいます。その一つの理由としては給付制度自体が非常に分かりにくい点があげられます。二次感染者と呼ばれる人については、一時感染者してしまった母親から子どもに対して母子感染してしまったケースにおいて、この子どもにあたる子を二次感染者としています。

母子感染での原因を訴える場合においては、母親が一次感染者として認定されていることが第一の条件になってきます。B型肝炎給付金を受け取るにはさまざまな条件が課されますが、B型肝炎訴訟をなれている弁護士に依頼することでスムーズに進めることができるでしょう。

B型肝炎給付金に関する記事

更新:20140730

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。