B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

美しさをいつまでも

B型肝炎訴訟における訴訟費用と費用項目

B型肝炎訴訟とは集団予防接種などによって引き起こされたB型肝炎ウイルスの感染者の救済を目的として、この問題を放置した国を相手取り、その責任を追及する訴訟のことです。

この訴訟費用としての主な項目としては、訴状に貼付する収入印紙代が5000円と、裁判所に収める郵便代として4000円が必要になります。

さらにその他の項目としては、各種検査費用や弁護士費用、さらに弁護団活動費や原告団活動費が必要であるとされていますが、これらの費用に関しては国からの賠償金を受け取ることが出来たときに、受け取り賠償金の中から支払うこととされています。

B型肝炎訴訟の際の訴状作成

B型肝炎の感染者であり訴訟を起こすためには、裁判所へ申し立てをしなければいけません。

集団予防接種または予防接種を受けた母親からの二次感染によるものといった内容確認をして、実際に給付金の受け取り条件を満たしているか裁判所で証明する必要があります。

この申し立てを行う際に必要な書類を訴状といいます。

訴状は個人で作成することも可能ですが、B型肝炎の訴訟となると、書類の準備や手続きに大変な労力と時間がかかります。弁護士に依頼すると報奨金が必要になりますが、費用の一部を国が負担したり、着手金や相談料が無料の法律事務所などもあるので、B型肝炎訴訟を手短に行いたいときは弁護士に相談してみましょう。

B型肝炎訴訟を提起できる条件とは

B型肝炎訴訟を提起することができる条件については、それぞれの患者の年齢や病気の原因、症状の程度などによって、大きく左右されることがあります。そこで、なるべく早いうちに実績のある法律事務所の弁護士に相談を持ち掛けることで、万全なサポートを受けることが成功につながります。

一般的に、B型肝炎訴訟の期間の長さは、数カ月から数年以上にわたることがあるため、信頼度の高いスタッフに対応をお願いすることがコツです。そして、アフターサービスの内容がしっかりとしている法律事務所の見極め方をマスターすることがとても大事です。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報、引き出物についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、B型肝炎給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。