B型肝炎の訴訟は弁護士がお手伝いします。集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった方へ。国から給付金を受け取るために、B型肝炎訴訟手続きを行いませんか?

ホーム

B型肝炎の訴訟費用と給付金支給

B型肝炎患者は全国で110万人~140万人いると言われています。

B型肝炎ウイルスは血液や体液から感染しますので、注意が必要になります。血液による感染は普通の生活をしている限りほとんど心配ありませんが、以前は予防接種などで注射器が使い回しされたために、注射器の針から感染してしまうケースがありました。

万一、集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したことが認定された場合は給付金が支給されます。給付金は申請すれば誰でも受けることができるものではなく、国を相手に訴訟を起こさなければなりません。肝炎訴訟費用や様々な必要種類がありますので、弁護士にアドバイスをもらいながら準備を進めていくと良いでしょう。

自分だけでは難しいB型肝炎訴訟

該当者であっても、国に対してB型肝炎訴訟をしないと給付金を受け取る事はできません。B型肝炎訴訟となりますので、弁護士がおらず自分だけで行うとなれば、かなりハードルが高くなる事が予想されます。

またB型肝炎訴訟について弁護士相談をする際には、法律費用の一部を国が負担してくれるシステムとなっている様ですので、躊躇う事なく弁護士にB型肝炎訴訟の相談をする事ができるのではないかと思われます。

弁護士は訴訟の流れなどについてよく把握していますので、B型肝炎訴訟の依頼をすると、代行してくれる部分もあり、少ない負担で完了する事ができるでしょう。早速、弁護士事務所を探してはどうでしょう。

感染源とB型肝炎給付金に関して

感染源というのはB型肝炎給付金を受け取る事ができるかどうかの分岐点となる事もあります。ですので、B型肝炎給付金の受け取りについては感染源を証明する事ができる書類があるとベストと言えるでしょう。

しかし、数十年以上経ちますので、B型肝炎給付金のための母子手帳などはなかなか探し出す事ができないケースもある様です。しかし他の方法にて証明する事ができた場合には、B型肝炎給付金の受け取りの対象となります。

そのため、母子手帳を手元に用意する事はできなくても、B型肝炎給付金の相談を受け付けている弁護士事務所などに話を持ち掛けてみましょう。最終的には無事に受け取る事ができる事もあるでしょう。

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取ろう。B型肝炎は手続きをすると給付金がもらえます。

B型肝炎訴訟の給付額はいくらか

B型肝炎訴訟における給付額は、病態によって50万円から最高3600万円が支給されます。

訴訟期間は平成34年1月12日までですが、発症してから20年以内にB型肝炎訴訟請求しなければならず、除斥期間が過ぎると減額されて支払われます。

国の予防接種が原因で死亡・肝がん・重度の肝硬変になった場合は3600万円で除斥期間後は900万円、軽度の肝硬変は2500万円で除斥期間後は状態により300万円から600万円、慢性B型肝炎は1250万円で除斥期間後は状態により150万円から300万円、無症候性キャリアは600万円で除斥期間後は50万円となります。B型肝炎訴訟にかかる弁護士費用や医療機関での検査費用は別途支給されます。

債務整理、借金問題を解決

いきなり弁護士や司法書士の元を訪れるのって、いろんな不安がつきまとう事もあります。どんな事を言われるのだろうか、費用はかなりかかるのだろうか、裁判をしなくてはいけないのだろうか、などいろんな事で悩んだりする事もあるかもしれません。

しかし、最初は無料の法律相談を活用して債務整理の相談をすると、相談しやすいのではないでしょうか。自分で悩んでいるだけではなく、プロの視点からいいアドバイスをしてくれると思います。

債務整理と言っても、いくつもの方法がありますので、自分だけではどれが適切なのか分からない事もあります。弁護士や司法書士が行っている無料相談で、任意整理なのか個人再生なのかまたは自己破産なのか、一番良い方法を考えてくれます。

解決に一歩近づけそうですね。

債務者を救う債務整理 経験豊富なプロに依頼。

取引履歴をもとに過払い金を計算する

過払い金とは貸金業者からお金を借りるときの金利が利息制限法で定められた利率の上限よりも高かった場合に発生するもので、その超過分は払う必要のないお金ですので貸金業者に請求して取り戻すことができます。

その手続きを過払い金請求と呼びます。債務整理の一種です。過払い金は貸金業者との取引履歴をもとに引き直し計算をすることで算出することができます。計算はソフトなどを使用すれば自分でも気軽に行うことができますし、弁護士や司法書士に依頼して計算や文書の作成や貸金業者との交渉などの手続きを全てお任せすることもできます。まずは弁護士や司法書士に相談をしてみましょう。